偉人めぐり

d0037070_23495760.jpgこないだのお休みに長岡まで行ってまいりました!!
行き先は二つ!

長岡が生んだ偉人、河井継之助と、山本五十六の記念館!

フォトは河井継之助記念館にあった、ガトリング砲です~。

説明!
河井継之助は幕末の長岡藩家老。
幕府が滅びゆく中、最新の軍備をもって長岡藩を指揮・統制し、武装中立を図った名家老!

山本五十六は戦前の帝国海軍の総司令官。
軍の暴走を憂い、太平洋戦争に最後まで反対し、開戦したならば早期に圧倒的優位な戦局を展開して、その期を逃さず講和に持ち込むしかないとまで見切っていた、素晴らしい洞察力と先見をもった名将!

二人共、共に戦争を嫌いながらも国を憂い、想い、その道半ばで散っていった人物でした。
こういう人物たちはグッと来ますねえ。

あと、河井継之助記念館で見た、司馬遼太郎大センセの「」の自筆原稿は最高でした!!
歴史小説の大家もやはり相当の構成・推敲を重ねるんですねえ。

まさに、名文は一発で生まれず!
[PR]
by hossynoblog | 2009-10-24 00:12 | つれづれhossy


<< クリソツ~。 自選 名言集 VOL.1 >>