自選 名言集 VOL.5

ここではオイラが人生で触れてきたいろんな作品から、気に入った、心震わす感動的な名言を集めたものです。
1日1言。5コ集まったら記事が次に行きます。


25.
「ピンク色の雪を降らせるのさ!」


今日は、コミック「ONE PIECE」から、Dr.ヒルルクの言葉。人トナカイの船医・チョッパーが仲間になり、逃げるように出発していく一行。そんな彼らへのはなむけに、ヒルルクの友人・Dr.くれはは花火を打ち上げる。その中身はヒルルクが残したピンクの桜雪。年中、雪のドラム島の人々に桜を見せて、奇跡を起こそうとしたDr.ヒルルクの願い。それがかなった瞬間の、回想の中だけど、まさにの名言。数ある「ONE PUECE」の名言の中で一番泣かされましたねえ。


24.
「いや、雨だよ」


今日は、コミック「鋼の錬金術師」より、焔の錬金術師ことロイ・マスタング大佐の一言。無二の親友のマース・ヒューズが敵のホムンクルス・エンヴィーに殺され、そのヒューズの葬儀での一幕。マスタングは雨だと言うんだけれど、側にいた部下のリザ・ホークアイは雨なんて降ってないと返す。つまり、彼が言う涙とは……。そんな悲しいシーンとマスタングの寂寥感を写実した、名言。


23.
「人間は恋と革命のために生まれて来たのだ」


今日は、太宰治の小説「斜陽」に出てくる名言。「斜陽」は太宰の愛人の日記をモチーフに描かれたもの。既婚の小説家に恋をした主人公・かず子の確信を表わした言葉として知られてる(らしい)。なんだか設定が太宰自身によく似てるなあ。まさにそうかも、と思わせる納得ありきの名言。


22.
「おどれらまとめてボコボコのバキバキじゃい!」


今日は、またもゲーム「メタルマックス リターンズ」(16.でもアゲ)に出てくる、名言というよりも意味不明な一言。全然、心震わせません。むしろ、オイラ的にはお気に入りフレーズというべきか。これはゲーム中に出てくる賞金首・マッドマッスルが主人公たちハンターに見つかって逃走し、最後にこの一言を言って、戦闘開始となります。しかし、なんとなく通じるけど、はっきり言って※×○▲〒☆□なみにラリラリな一言。だけど印象的。ちなみに見つかった時の「ちいぃぃ、ハンターかあぁ」とか隠れてたのに見つけられて恥ずかしく笑う「ふははははは」とか、いる場所が無敵病院て名前とか、とにかくマッドマッスルは超弩級のインパクトキャラでした。


21.
「遅いじゃないか、ミッターマイヤー……。卿が来るまで生きているつもりだったのに間に合わないじゃないか……。疾風ウォルフなどという大層なあだ名に恥ずかしいだろう」


今日は、田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」から、オスカー・フォン・ロイエンタールの最期に出てくる言葉。「帝国の双璧」と称され、かくかくたる戦果をあげてきたロイエンタールとミッターマイヤー。が、新帝国樹立後、ロイエンタールは陰謀にはめられ、抗弁することなく、抱いていた野心を表明して反乱を起こす。その彼を討ったのが、親友で一番の理解者・ミッターマイヤー。ロイエンタールは敗れてもせめて彼に討たれたいと望んでいたが、死は「疾風ウォルフ」と呼ばれたミッターマイヤーの用兵の神速よりも早く訪れてしまう。男の天命と二人の友情を軸に置いた、珠玉の名言。
[PR]
by hossynoblog | 2009-11-12 00:57 | 自選 名言集


<< 強い味方、降臨! チラシデザインが来て、 >>