自選 名言集 8

ここではオイラが人生で触れてきたいろんな作品から、気に入った、心震わす感動的な名言を集めたものです。
1日1言、時には2日に1言。5コ集まったら記事が次に行きます。


40.
「私はこれと共に生き、これと共に死す!今さらなんのためらいがあろう!」


今日は、アニメ「ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日」から、フォーグラー博士の名言。世界を滅亡に追い込ませた「ヴァシュタールの惨劇」を起こした張本人で、大悪党の汚名を受けたフォーグラー博士。しかし、それはでっちあげであり、真実、博士は世界を滅亡から救った人であった。自らの人生を「第4のエネルギー」・シズマドライブに捧げ、捨て身でその暴走を食い止めた博士の絶叫と涙。非常に印象的な名シーンでした。


39.
「この世は夢ぞ、ただ狂へ」


今日は、織田信長が好んだと言われる小唄から。←それも出自がイマイチで、「一期は夢よ、ただ狂へ」かもなんですが、ここでは好きなフレーズでピックアップ。「死のうは一定~」の続きとも言われてますが、それもなんだか定かではなく。誰か教えてください(泣)。
好きなセリフだけれど、ようわからんがゆえに、拙著「濃姫夢幻蝶」ではこれをセリフとして使わず……。ただ、信長の死生観を表わし、また共感できる名言だとオイラは思うわけです。


38.
「私は、一度だけ、悪夢を見ましょう……」


今日は、コミック「ファイブスター物語」から、クローソーの一言。Dr.バランシェの45番目にして最後のファティマ(人造人間に近い存在)として誕生したクローソー。運命の3女神と形容された彼女の真の使命は運命を断ち切るという残酷な宿命だった。大戦の最中、愛する人・コーラス三世が目前で死んだのを知り、クローソーは搭乗機のMH(重戦機エルガイムそのままなロボット)の眠る力を起こし、この一言を言う。クローソーの強い意思、覚悟と深い悲しみを表わした、シビれる一言。


37.
「あんたの幸せも考えたらダメですか!!?」


今日は、ここでは常連、コミック「ONE PIECE」から、フランキー一家・ザンバイの言葉。恩師の死は自分にあると責任を感じ、償いを続けて生きてきた船大工・フランキー。相弟子のアイスバーグに「自分を許してやれよ」と諭し、更にフランキーの手下たちはフランキー自身の夢のために大海原に出てほしいと願う。これに対し、フランキーは自分の人生は自分で決めると言い張るが、この手下・ザンバイは自分たちを拾ってくれた大恩人を想い、仲間の総意としてこの言葉を叫ぶ。
フランキーと子分たちの熱い結束を表現した、珠玉の一言。「ONE PIECE」では唯一、サイドキャラのセリフで泣かされました。


36.
「妊娠した頃を思い出すわ。お腹がふくらむとお財布が厚くなるようで嬉しかった」


今日は、韓国映画「親切なクムジャさん」からの名言。このブログのライフログにも載せている、オイラ一番のお気に入り映画。このセリフは主人公・クムジャさんが生き別れになった娘・ジェニーに贈ったもの。セリフが入るシーンの演出もさることながら、クムジャさんのその後の悲しい人生と比較すると、とても切なくなる、この一言。唯一の心の救いであった娘の存在。だが、娘は自分を許さないでいた。だからこそこのセリフが語る意味は深く、また、母娘が抱擁するシーンでは涙を誘うというもの。もちろん、言葉自体にもグッと来ます。
[PR]
by hossynoblog | 2009-12-01 02:02 | 自選 名言集


<< コンプリート!! 少しずつ少しずつ。 >>