自選 名言集 VOL.9

ここではオイラが人生で触れてきたいろんな作品から、気に入った、心震わす感動的な名言を集めたものです。
1日1言、時には2日に1言。5コ集まったら記事が次に行きます。


45.
「男は殺す女は犯す。金に汚く己に甘く、傍若無人の物怪野獣郎たあ、俺のことだ!」


今日は、劇団☆新感線の舞台「野獣郎見参」から、主人公・物怪野獣郎の決めゼリフを。野獣郎のポリシーとも性格とも言えるこの言葉。スゴくえげつないのに、カッコよく決まっている。セリフの音律・通りがとて素敵です。オイラにとってはビデオながら初めて観た新感線の芝居がこの作品でした。思い出やリスペクトと共に、いつかこんな決めゼリフにめぐり逢いたいという願望を込めての、名言。


44.
「遺言などを残す者は、残される方の迷惑など考慮せぬものじゃ」


今日は、小説「アルスラーン戦記」から、女神官・ファランギーズの一言。侵略者・ルシタニアの兵を楽士・ギーヴと共に倒した後の会話から。王子・アルスラーンの誕生の折、寄進されたファランギーズの仕える神殿。先代の女神官長はその大恩に報いるため、亡くなる際に王子の周りに変事が起きた際はお助けるよう遺言。そして、選ばれてしまったファランギーズは神殿を追い出されるように出発。この名言は恨み節のようで、実にまったくもってその通り、だよね~と納得できるもの。
ただし、この後に「私のように美しくて学問にも武芸にも練達した才女は、同僚にねたまれるのでな」と続くから、ファランギーズ自身もあなどれない。むしろこっちの方が名言か?


43.
「やっていいことと悪いことがあるぞお!」


今日は、コミック「機動警察パトレイバー」から、主人公・泉野明の怒りの一言。旧知であったレイバー(ロボット)会社・シャフトの内海課長が敵であったことを知り、更に自分の居場所である特車二課が内海の策謀で占拠されてしまう状況。内海はお遊びのように野明とその取り巻きを翻弄する。そして、自らが作り上げたレイバー・グリフォンと野明の搭乗するパトレイバー・イングラムを対決させる。内海の勝手気ままなやり口に野明は怒り、殴るも、内海の覆面部隊に逆に殴られる。そして、言い放ったのがこの名言。野明の渾身かつ端的で明確なセリフにラスト前で「おおっ」と思わせる名言。


42.
「スネーク!まだだ!まだ終わってない!」
「リキッドォォーッ!!!」


今日は、初の2コ連結で紹介のセリフ。ゲーム「メタルギア ソリッド」で最終盤、倒したはずの敵ボス、リキッド・スネークがジープで追いかけてきて、主人公のソリッド・スネークを再び追い詰める時のやりとりにて叫び合う。同じ遺伝子から生まれた兄弟の因縁深い戦い……。その長きを表わした、象徴的な名言。HOSHIBA兄弟のお気に入りシーンでもあります。


41.
「俺が10パーセントまで引き上げる。 おまえは20パーセントまで上げてくれ」


今日は、ドラマ「振り返れば奴がいる」から、司馬(演・織田裕二)がライバル・石川(演・石黒賢)の手術を行なう前に言った一言。もちろん成功確率についてです。天才的な腕を持つけど、医者としての倫理観に問題がある司馬と、医者としての正義感からその司馬を追放しようと燃える石川。石川の努力が実り、司馬は追い詰められるが、直後に石川のがんが発覚。司馬が手術をすることになり、石川は司馬が手術で自分を殺すんじゃないかと疑うも、このセリフを返される。反発しあっていた二人に友情が芽生え始めた、「おおッ」と感動を引き起こす名言。さすがは三谷幸喜!織田裕二・名言三部作の一(←なんじゃそりゃ)
[PR]
by hossynoblog | 2009-12-09 06:30 | 自選 名言集


<< 習作公演。 今しばし! >>