グッド・バイ、新潟

いよいよ新潟を離れる時が近付いてきました。

早ければ25日(金)に。そうすると、あるイベントに行けないのですが。遅くなれば行けます。

パソコンが移動になるので少し早いですが、ごあいさつを兼ねて。


仲間たちへの僕の最後の想いは一個前の記事「風の名前」でやったので、この記事は自分のことを書こうと思います。

舞台屋織田組、日本史ワークショップにマイ列伝など、いずれも次に向けて区切りをつけられたわけですし。


長かったですねえ、18年間。前の4年を入れると22年間。

こないだ母が「あんたがこっち(実家)にいる時間より新潟の方が長くなっとる」と口癖のように言うので、

僕の返しは「戻ればすぐ取り戻せるよ」と、いつものヤツで応戦します。

そんなわけで親孝行します。


もし時を18年戻して、実家で安穏に過ごしていれば、避けられたこともあったし、家族が幸せな時間がもっとあったかもしれない、とは思うけども。

何年か前にいろんなことが起こり過ぎた時、あの時した後悔は僕に強烈な痛みを与えました。本当大変だったので。

もはや時間がない。ここで戻らなければあの時の比でない、一生ものの後悔が襲ってくる。

だからそれをしたくないから、戻ります。

僕は愛情を注がれて育った。そのことを疑うことはないので。


もう一つのif。あの時に新潟でなく東京を選んでいたらどうなっていたか。

これは、もっと早く帰っていた、が答えでしょうかね。

新潟が僕に合っていたことは間違いありません。


なんといっても周囲の仲間が、それは舞台演劇、仕事関係共にめぐまれた存在であったことが大きいです。

特にこの13年の出会いや再会には大切なものをたくさんもらった気がします。


舞台演劇での最後の稽古二つ。あれはそのお礼です。

全力でやらせてもらえて、やりきった感あるので、なんだかまた大切なものをもらった気分ではありますが。

ともかく、感謝と共に。


ここ新潟に来たこと自体に後悔はありません。

ただ帰るタイミングをずっと間延びにしてしまったから、時間と共に重くのしかかる後悔が避けられなくなった。

そんなところなんでしょうね。


でもまた会えると思います。

こないだも書きましたが、また会えるのが人生です。

だから、いつかまた会いましょう。

それまで皆さん、ご健勝に。


グッド・バイ、新潟。


[PR]
by hossynoblog | 2018-05-21 22:19 | つれづれhossy


風の名前 >>